SIGMA 50mm F1.4 DG DN | Art(Eマウント) を使ってみた

木村慎吾

こんにちは、snafkin撮影事業部の木村です。今回は友人のカメラマンからSONYマウント用のシグマのアートレンズ50mm(SIGMA 50mm F1.4 DG DN | Art)を借りて使用した感想をお伝えします。ネット上で評判の高いこのレンズ、実際の使用感はどうだったのか、私が持っているソニーの50mm f/2.8と比較しながら散歩をしつつ撮影した結果を中心にお話しします。

シグマ50mmアートレンズの使用感

まず、シグマの50mmアートレンズは非常にしっかりとした作りで重さも感じます。レンズ径の違いもありますが、本格的なサイズの50mm単焦点レンズとして、プライベートで持ち歩いてみましたが、個人的には少し重いと感じることもありました。(670g
)今日は撮るぞ!という気合いが入る日は良いですが、気軽に持ち運ぶには少し大きいかもしれません。しかし、本気で良い写真を撮りたい時には持ち出す価値があります。

写りについて

写真の写りについてですが、ホワイトバランスをオートに設定して撮影したところ、私が使っていたソニーの50mm f/2.8よりも暖色系の色が目立つ印象を受けました。シグマと言えばすっきりとした青色のイメージが強かったのですが、ホワイトバランスをオートで撮ると少し暖かい感じの色味になりました。これは好みの問題ですが、使用する際にはこの特性を理解して使うと良いでしょう。

地面の花
公園のテーブル
公園

カメラのモニターで見る限り、ソニーの50mm f/2.8とシグマの50mm f/1.4の違いは分かりづらいのが正直なところです。しかし、自宅のモニターでじっくりと見た時に、シグマのレンズの質感や解像度の優れた点を感じました。シグマらしい描写力に引き込まれ、写真好きがシグマを選ぶ理由が理解できました。

50mm単焦点レンズのライバルたち

50mmの単焦点レンズは、各メーカーが気合いを入れて製作しているカテゴリーです。ソニーであればGマスターレンズ F1.2やF1.4などの最新モデルは非常に高評価を得ています。しかし、これらのソニーレンズは高価格帯になるため、その点が悩ましいところです。そういった背景もあり、シグマを選んでいる方も多いのだと思います。ソニーのGマスターと同等、もしくはそれ以上の描写を期待して使用している方が多いのではないでしょうか。

映像制作をしている私にとって、ソニー純正のレンズの魅力はオートフォーカス性能と手ぶれ補正機能です。特に、軽量化された50mm F1.4のレンズは、レンズ径が67mmでNDフィルターをつけやすいサイズになっており、総合的に見て非常に使いやすいと感じます。これらの点を踏まえると、ソニー純正のレンズが最適な選択肢かもしれません。

他の選択肢としては、フォクトレンダーのマニュアルレンズ、アポランター 50mm も挙げられます。このレンズは描写について非常に高評価を得ており、価格も比較的抑えられているため、候補に上がります。しかし、オートフォーカスがないマニュアルレンズという点で、マニアックな方が使用するものだと感じます。

レンズ選びの悩み

こうやって自分が使う目的や考えをまとめていくと、レンズ沼から抜け出せるかもしれません。もちろん、資金が潤沢であれば全てのレンズを揃えて、自分の好みや感想を確かめていくことができるでしょう。しかし、私のような駆け出しのカメラマンは限られた予算の中で選択していかなければなりません。仕事で使うことを考えると、コストパフォーマンスや信頼性も重要な要素です。

50mmのレンズに対する欲求は、半分以上が私個人の気持ちの問題かもしれません。しかし、今回のシグマのレンズを使用した経験は非常に参考になりました。シグマの描写力にもっと触れたいという気持ちが高まり、欲しくなったのが正直なところです。まだまだ悩ましいですが、もう少し色々と模索して考えていきたいと思います。

まとめ

50mm単焦点レンズの選択肢は多岐にわたりますが、それぞれの特性を理解し、自分の用途や予算に合ったものを選ぶことが大切です。シグマのレンズは描写力に優れ、特に写真好きにはたまらない魅力を持っています。ソニーの純正レンズも高性能で使いやすさに優れており、映像制作やプロのカメラマンにはおすすめです。フォクトレンダーのマニュアルレンズも魅力的な選択肢ですが、オートフォーカスが必要な場面では注意が必要です。

これからも様々なレンズを試しながら、自分に最適な一本を見つけていきたいと思います。読者の皆さんも、自分に合ったレンズを見つける参考にしていただければ幸いです。ご質問やご意見がありましたら、ぜひコメント欄にお寄せください。ありがとうございました。

シグマレンズのAmazonサイトはコチラ↓
https://amzn.to/3VgjseM

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
木村慎吾/Snafkin撮影事業部
木村慎吾/Snafkin撮影事業部
フォトグラファー、ビデオグラファー、アートディレクター、起業家
北海道苫小牧市在住のカメラマン。過去には競技スノーボーダーでプロを目指し怪我で挫折、ミュージシャンに転身してインディーズデビューするが売れずに地元苫小牧に帰郷、2018年10月9日に起業して飲食店オープン、2019年に撮影事業を展開、2020年にカラオケ大会を企画、現在も様々な分野で挑戦中!
記事URLをコピーしました