Sony FE 50mm F2.5 G SEL50F25Gを使ってみた

木村慎吾

こんにちは、Snafkin撮影事業部の木村です。
今回は、ソニーの50mm f/2.5のレンズをテスト使用して撮影しました。
ロケーションは北海道苫小牧市の緑ヶ丘公園の展望台です。
軽量でコンパクトなこのレンズの魅力と欠点をレビューしていきます。

まず、このレンズは50mmの中では非常に軽量でコンパクト、使いやすい形をしています。
僕もプライベートで気軽に使うために購入しましたが、カバンに入れても場所を取らず、とても気に入っています。散歩しながらの撮影にも最適でした。

後日、苫小牧駅も行ってきた。

レンズの欠点

唯一の欠点としてはF値が2.5で、ボケを使った表現が難しい点があります。(欠点とゆうか、こうゆうレンズ)しかし、それ以外の描写や解像度には満足しています。このシリーズは『SONY FE 24mm F2.8G』『SONY FE 40mm F2.5G』『SONY FE 50mm F2.5G』で構成されており、特に動画撮影に特化したレンズだと感じます。ジンバルに乗せて撮影する場合に非常に使いやすく、ビデオグラファーには人気があるでしょう。

描写については、F2.5までしか開放できないことが欠点にはなりますが、最近のカメラは高感度性能が優れているため、開放値を気にする必要も少ないかもしれません。絞りを絞って撮影すると全体的に解像度がさらに高まる印象です。パンケーキレンズのようなコンパクトさのため、仕事で使うのは少し気が引けるのが正直なところです。クライアントから見ると心配になるぐらい小さい。

まとめ

個人的にまとめると、このレンズはプライベートで気軽に持ち運ぶか、仕事で使うのであれば目的を持って準備するのが良いと思います。Gレンズの写りの良さは素晴らしいですが、コンパクトさがクライアントワークでの信頼性に影響するかもしれません。そのため、購入を検討する際にはその点も考慮すると良いでしょう。

また、50mmのGマスターレンズやシグマのレンズも興味深い選択肢です。50mmのレンズにはさまざまな価格帯があり、目的に沿って選ぶのが一番です。とりあえずカバンに1本入れておくというのも良いかもしれませんね。興味がある方は、ぜひ自分の使用目的を考えて購入をおすすめします。

それではまた。

レンズ情報、アマゾンサイトはコチラ↓
https://amzn.to/4500xYX

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
木村慎吾/Snafkin撮影事業部
木村慎吾/Snafkin撮影事業部
フォトグラファー、ビデオグラファー、アートディレクター、起業家
北海道苫小牧市在住のカメラマン。過去には競技スノーボーダーでプロを目指し怪我で挫折、ミュージシャンに転身してインディーズデビューするが売れずに地元苫小牧に帰郷、2018年10月9日に起業して飲食店オープン、2019年に撮影事業を展開、2020年にカラオケ大会を企画、現在も様々な分野で挑戦中!
記事URLをコピーしました